いつかは来るとは思っていたけども!

定例の出勤前の本屋めぐりにて、見つけてしまった!



  「週間HMS ヴィクトリー号を作る」

main_03.jpg

この手のシリーズで、なんで帆船模型ないんだろ~?とか思ってただけに!

食いつきたい・・・。実に食いつきたい!!

戦艦大和のプラモデルを買っちゃうほど、この手の作業は好きなんですが
この「週間~」シリーズって、果たして毎週ちゃんと買えるのか?
途中で集中力切れないのか?
2号から異様な値上げはなぜなのか!?

とか色々考えてしまって手出してないんですよねー。
過去に「戦国武将フィギアシリーズ」を大人買いしたのみ。

悩みどころが多いけども、買いたい・・・・。
買って、作って、カラーリングをオリジナルにしてええええええ!!!

つーことで、定期購入しようと思います!
製作過程をたまーにUPできればいいな~。ガンバロウ。




小説のお話。

最近もっともハマってる言葉(脳内)
 「ヤバしじゃったっ!かなりのヤバしじゃたっっ!!」(主に仕事中)

で、この言葉のモトネタなんですが

角川ホラー文庫  飴村行 著
「粘膜人間」
「粘膜蜥蜴」
「粘膜兄弟」
「粘膜戦士」
です。

この4作品は「粘膜戦士」を除いて、個別の物語なのですが
世界観を共有しています。

で、その世界観が実に摩訶不思議でして・・・・
時代設定的には昭和17年前後の大東亜戦争初期あたりでしょうか。
架空の国「ムナール」を日本軍が占領してたり、河童がいたり、蜥蜴人間がいたりと
若干ファンタジーが入ってる?と思われがちな世界観なのですが、実際のトコ
描写の仕方で、ファンタジー≠ホラーな世界観になっています。
また、ゲリラとの戦闘シーンの描写などは、実際の資料をかなり読み込まれて書き込まれてますので
リアリティがものすごくて、余計に奇妙な世界観が引き立ってる感じです。

で!世界観だけなら、まぁまとも(と言うのか?)なんですが
さらに読者に異様かつ、湿度の高い嫌な気分にさせているのが

登場人物と会話。

会話がね、なんと言うか・・・・知性がぶった抜かれてる?と言えばいいのでしょうか^^;
欲望ムキ出しに利己主義に走った会話というか・・・・私の文章能力では表現するのが難しいほど


どあほぅな会話です。(簡潔に言ってしまえば)

このシリーズの恐怖はいづこにありや?と考えたら
残酷かつ細部に渡って再現された拷問シーンや
巨大ヒルに襲われるバトルシーンやら
ブタに執着しすぎて、ブタの花子ちゃんとつがっちゃうシーンや
モロモロ人によって恐怖を感じる部分あるんでしょうが

私が最も恐怖を感じたのが、前述した「知性なき会話」。
こればっかりは、もう読めば分かる!分かってくれるはず!!

理性と知性が消滅してしまった人間の欲望のおぞましさが凄い。
読んでいて、ほんと嫌なんだけども、どこか愛想笑いしたくなるような感じというか・・・・

んー・・・・アレです。
親に

自分が誕生したときの性交渉を細部に渡って聞かされてる
ような、破壊力をともなった心地悪さとでも言うのでしょうかw(いや、聞いたことないけどさ~)

と、言うような不気味なシリーズですが、興味ある方は読んでみてください。

きっと
「ヤバしじゃたっ!!」って言いたくなると思いますよ~。






スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JRのぞみ・でなーりす・やんもい

Author:JRのぞみ・でなーりす・やんもい
大航海時代online:A鯖にて冒険&模擬をちんまりと
ドラゴンズドクマonline:プリースト シーズン3まで日課のみ
ファイナルファンタジー14:イクシオン鯖にて若葉マーク冒険者中

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク