今月の読書三昧

禁煙生活もだいぶ慣れてきた餅デス。こんばんわん。

禁煙してると前にも書いたようにゲームとか仕事の瞬間が一番つろうゴザイマス;;

で、それならば・・・読書に時間かければいいんじゃね?(身体を動かすとかの概念0)


つうことで、昨日一気に3冊(+1冊)ほど購入。

つうことで、本日すでに読み終わり。

・・・・・・・・時間かからないヨー!気晴らしならないヨー!!


っと、嘆いても仕方ないので、なんとなく紹介。


「悪夢のエレベーター」 木下半太 (幻冬舎文庫)
080916_0020~01

内容的にはまぁ、エレベーターに閉じ込められた4人にはそれぞれ秘密が・・・・
って言う、ある意味オーソドックスな設定。
4人の人物設定が濃い&抱腹絶倒みたいに書いてあったので読んでみた。
確かに・・・「ストックホルム・シンドロームにかかったマッキー」は凄みさえ感じるほど濃いw
ただ・・最後のオチがめっさ見え透いてて、途中までが面白かっただけに
残念。
姉妹本(?)「悪夢のドライブ」を買うかどうか・・・買わないだろうなぁ・・・。



「世界の終わり あるいは始まり」 歌野晶午 (角川文庫)
080916_0022~01

帯にあるように、自分の息子が誘拐犯という疑惑を持つ父親が主人公なミステリー。
・・・・ミステリーなのか?と言いたくなるほど、客観的な謎はないw
逆に、この父親の脳内がミステリー。 
小説自体、作者の妄想の産物で、さらにこの小説の手法は事実(小説上の)と
父親の妄想を何度もシンクロさせて読者の酩酊感を引き出すのが狙いなんだろうけど
ここまでしつこいと、普通に醒めますw
ラストも「希望を胸に!」みたいな書き方なんだけど
普通に「それって逃げてるだけじゃ・・・」なツッコミしたくなりました。

文章的には好感持てる作家さんなのでベストセラーにもなった
「葉桜の季節に~」も読む気は満々。



「蛇鏡」 坂東眞砂子 (文春文庫)
080916_0023~02
この人の小説は、読破したと思ってたんだけど、ダークホースがあったw
初期の頃のホラー作品集のうちの1つなんだろうけど
お願いだから、この頃に戻ってクダサイ。と言いたくなるほど
読んでて面白かったデス。
餅の好物は・・・土着系 ホラー 伝奇 民俗学 っぽい内容のサスペンスなのです。
(横溝正史トカ小野不由美トカトカ)
ですんでこの小説の内容はもうウハウハもイイトコ。
あと特筆すべきは・・・なんですかこの
エグイまでの主人公の葛藤・・・。これはタブン女の子なら
「ああああっ・・分かるー><」って、なると思うw

本当になんつうか上手い作家さんだったのに、女性解放的な作品が増えて
宗教色も強くなっていっちゃって・・・挙句とんでもない行動で世間を敵に回して・・・

こっちの世界観に戻ってほしいなぁorz


で、ラストの紹介
「花園メリーゴーランド」 柏木ハルコ (小学館)
080916_0023~01
これは漫画です。むかーし、何巻か大人買いして
最終巻だけ忙しさにまぎれて放置とかってありません?w 
私の場合、これがそうでした。

で、これ・・・すげぇエロいですw 
エロいんだけど・・・悲しい。
エロいんだけど・・・・考えさせられる。

京極夏彦の京極堂シリーズを読んでる人なら理解できる
失われていく民族文化へのオマージュとでも言えばいいのかな。
民族文化の対比ベクトルにいる二人が
観念の違いゆえに分かり合えない。理解しあえない。
やっと肌を合わせて理解しあえても、やっぱり二人は相容れない。
そこがムラ社会の掟とかとシンクロして、サスペンスとしても優秀デス。

漫画として読むには主人公のヘタレっぷりが微妙なんだろうけど
あと絵柄も好き嫌いハッキリ分かれそうだけど
あとあと、電車とかでは読めないほどエロいけどっ

うん。かなーりオススメ♪


しっかし・・・なんか読み応えのある小説はないものか・・・
「真田太平記」とか一月近く楽しめたのになぁ・・・・orz
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 今月の読書三昧

読書の秋ですなー。
最近すっかり本とは疎遠になってしまって、、、。そろそろなんか読むかぁと思いましたマル

下の2個は

読んでみたいと思う秋のヒトコマ
プロフィール

JRのぞみ・でなーりす・やんもい

Author:JRのぞみ・でなーりす・やんもい
大航海時代online:A鯖にて冒険&模擬をちんまりと
ドラゴンズドクマonline:プリースト シーズン3まで日課のみ
ファイナルファンタジー14:イクシオン鯖にて若葉マーク冒険者中

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク